• 巣鴨、大塚、池袋のパラジェル登録ネイルサロン

    巣鴨・大塚 パラジェル登録ネイルサロン KAINAIL バイオスカルプチュアジェル”爪活セミナー

    こんにちは。
    KAINAILオーナーネイリストのmaomiです。

    当ネイルサロンで取り扱っているベースジェルの1つ、バイオスカルプチュアジェル。
    KAINAILとしてお客様にご提供する以上、バイオスカルプチュアジェルのことをしっかりと理解して施術したいと思い、プロネイリスト向けに開催されているバイオスカルプチュアジェル”爪活セミナー(1部&2部)”に参加してきました。

    セミナーの1部は製品説明、使用方法、特長を活かしたジェルの使い分けについてご紹介、またデモンストレーションも見せてくださいます。2部ではエデュケーターの方によるトレーニングなんですが、セミナー参加者のほとんどが2部に参加しないそうで、なんとマンツーマンでご指導いただきました。施術の様子を見ながら、製品を正しく使用できているか確認していただける貴重な機会です。

    バイオスカルプチュアジェルは、エステティシャンが開発したジェルということで、ナチュラルで美しい仕上がりを大切にされているそうです。
    ジェルを塗布する際のサンディング(爪の表面を削ること)も必要最低限にとどめます。その人が本来持つ爪や肌を育てて健康な状態に導くことを目指し、爪が健康になればジェルの持ちが良くなり、美しさが保てる。だから爪を傷めずにジェルネイルを続けることができると仰ってました。

    そこで気になるのがジェルネイルを続けると爪が薄くなったり、傷むんじゃないの?ということです。
    実は爪が傷む原因の大半はジェルネイルにあるのではなく、ジェルオフの方法や、過度なサンディング、使用している製品の知識不足、指先(手)の使い方などにあるんです。だからジェルオフをした時の爪の状態を見て、ジェルネイルをすると爪が傷むという印象を持ってしまうんです。そして一度爪が傷んでしまうと、伸びきるまでにはかなりの期間が必要になります。

    だからジェルネイルは定期的なメンテナンスが大切なんです。そしてネイリストとお客様が協力することでこれらを防ぐこともできるため、KAINAILでは定期メンテナンスやホームケアについてもお客様にお伝えしています。

    今回のセミナーはバイオスカルプチュアジェルについての知識はもちろん、改めて大切なことを考える良い機会になりました。ご指導いただいたエデュケーターの皆様、ありがとうございました。

    そして本日も最後までお読みいただいた皆様、ありがとうございました。これからもKAINAILブログでは、様々なことを書いていきたいと思っていますので、よろしくお願いいたします。

    東京都豊島区
    JR東日本:池袋/大塚/巣鴨/駒込/王子/田端 エリア
    都営地下鉄:巣鴨/西巣鴨/千石/白山 エリア
    東京メトロ:新大塚/茗荷谷 エリア